臨床研究(倫理審査委員会)

臨床研究

clinical research ethics review committee

 当院では、所属する職員が行う医療及び医学系研究等が倫理的配慮のもとに行われ、もって患者等の人権及び生命の擁護に寄与することを目的として、「群馬県立心臓血管センター倫理審査委員会」を設置しています。 

●平成27年10月1日をもって、要綱・要領・委員名簿等に一部変更がありました。下記の「研究倫理審査委員会報告システム」のリンクからご覧ください。

https://www.rinri.amed.go.jp/

●なお、心臓血管センターにおける申請に係る様式などは、下記のとおりです。

  1. 第1号(申請書)様式
  2. 個別同意説明書
  3. 個別同意書
  4. 同意撤回書
  5. 第3号(変更申請書)
  6. 利益相反申告書 臨床研究終了後の報告書の様式は、下記のとおりです。
  7. 実施結果報告書

【参考資料】

●人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(平成26年文部科学省・厚生労働省告示第3号) http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10600000-Daijinkanboukouseikagakuka/0000069410.pdf

●「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針ガイダンス」平成27年2月9日 (平成27年3月31日一部改訂) http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10600000-Daijinkanboukouseikagakuka/0000080275.pdf

●人体から取得された試料を用いない研究や、既に取得された試料を用いる研究で研究対象者となられる方から新たにインフォームド・コンセントをいただくことが困難な研究については、インフォームド・コンセントに代えて、研究に関する情報を公開することにより研究を実施します。

 研究対象者となられる方は、研究への参加を拒否することができますので、詳細につきましては次の資料をご覧ください。

研究番号研究名称研究責任者研究期間資料
28004「心肺運動負荷試験を用いたカルボーネン法による運動処方の検討」循環器内科     村田 誠H28.7~
H29.3
村田医師
(情報公開)
29001心室性期外収縮・心室頻拍に対するカテーテルアブレーションにおけるRhythmiaTMマッピングシステムの有効性及び安全性に関する前向き観察研究 循環器内科   内藤 滋人H29.4~   H30.3内藤医師
(情報公開)
29002心房細動アブレーション後の抗凝固療法の使用実態と追跡調査
(AF Frontier Ablation Registry) 
循環器内科   熊谷 浩司H29.4~  H30.12熊谷医師
(情報公開)
29006運動中の血管抵抗に関する研究 循環器内科   村田 誠H29.5~  H30.3村田医師 
(情報公開)
29017カテーテルアブレーション症例全例登録プロジェクト(J-AB)循環器内科   内藤 滋人H29.6~  R12.3内藤医師
(情報公開)
29067日本における成人先天性心疾患患者の通院状況に関する調査(多施設共同後ろ向き観察研究)循環器内科   山下 英治H30.3~  R2.3山下医師
 (情報公開)
30001心疾患患者のGLP1測定および糖尿病関連ホルモンに関する研究循環器内科   村田 誠H30.5~  R1.5村田医師
(情報公開)
30007日本におけるクライオバルーンアブレーションの安全性の検討循環器内科   内藤 滋人H30.6~  R2.3内藤医師
(情報公開)
31016WATCHMAN左心耳閉鎖システム使用成績調査循環器内科   中村 鉱規H31.2 ~  R6.2中村医師
(情報公開)
31025日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究整形外科
鈴木 秀喜
R.2. 4~
R12. 3
鈴木医師
(情報公開)

※インフォームドコンセントとは

 研究対象者又はその代諾者等が、実施又は継続されようとする研究に関して、当該研究の目的及び意義並びに方法、研究対象者に生じる負担、予測される結果(リスク及び利益を含む。)等について十分な説明を受け、それらを理解した上で自由意思に基づいて研究者等又は既存試料・情報の提供を行う者に対し与える、当該研究(試料・情報の取扱いを含む。)を実施又は継続されることに関する同意をいう。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

倫理審査委員会担当  事務局総務課  電話 027-269-7455