薬剤部

ようこそ薬剤部へ!

Welcome to Pharmacy

薬剤部では、薬の有効性・安全性や経済性を考慮しつつ、適切な薬品や情報を提供することにより、医療サービスの向上に努めています。

調剤業務

医師の処方せんに基づいて調剤します。薬の種類、量、組み合わせ、使用方法、患者さんがご持参された薬との飲み合わせや重複などで、疑問点があれば、医師に確認します。注射薬は、1施用毎の個人別セットを行うことで、薬品の取り違えを防ぎ、医療安全に貢献しています。
当院では安全性、正確性を確保するために、複数の薬剤師により確認を行う体制をとっています。また、様々な支援システムを導入しています。
外来は原則として院外処方せんとしています。

ミキシング業務

入院患者の高カロリー輸液や抗がん剤の無菌調製は、原則として薬剤師が行っています。クリーンベンチと安全キャビネットを設置した無菌室で個々の患者さんに合わせて調製を行っています。

院内製剤

治療に必要な医薬品であっても製品として市販されていない薬など、現場のニーズに対応した製剤を調整しています。

医薬品情報管理業務

医薬品情報管理(DI)室では、あらゆる種類の医薬品についての情報を収集し、必要に応じて医療スタッフや患者さんに提供しています。
また、定期的に「News of pharmacy」を発行し、医療スタッフに医薬品情報を提供しています。

薬剤管理指導業務

入院早期から患者さんのベッドサイドを訪ね、ご持参された薬やサプリメント等の服薬状況や副作用状況、過去の副作用歴、調剤上の工夫(一包化や粉砕等)、薬の管理状況など、入院中の薬物療法に必要な情報を確認し、医師や看護師へ情報提供しています。入院中に薬が追加・変更となった場合は、お薬説明シートやパンフレット等を用いて、薬の作用、副作用、飲み忘れ時の対応などわかりやすく説明しています。患者さんのアドヒアランス向上と患者さん自身の治療意欲を高めるように取り組んでいます。
退院時はお薬手帳に必要事項を記載し、患者さんにお渡ししています。

チーム医療等

医師をはじめとする他職種と共に病院内のチーム医療に積極的に参加しています。薬剤師は薬の専門家としての知識を生かし、よりよい医療を提供できるよう活動しています。

当院で薬剤師が参加しているチーム

  • 栄養サポートチーム(Nutrition Support Team:NST)
  • 感染制御チーム(Infection Control Team:ICT)
  • 抗菌薬適正使用支援チーム(Antimicrobial Stewardship Team:AST)
  • 褥瘡管理チーム

また、心臓病教室や糖尿病教室などでも、さまざまな医療スタッフが関わっており、その中で薬剤師はお薬に関する講義を行っています。

認定薬剤師など(2020.3現在)

日病薬病院薬学認定薬剤師2名
認定実務実習指導薬剤師 4名
医療情報技師1名
栄養サポートチーム(NST)専門療法士2名
周術期管理チーム薬剤師1名
外来がん治療認定薬剤師1名

職員採用について

群馬県ホームページ(病院局職員採用情報)を参照