整形外科

整形外科

orthopedic surgery

スタッフ

鈴木 秀喜整形外科部長
医学博士・群馬大学医学部大学院卒
日本専門医機構認定整形外科専門医/日本骨粗鬆症学会認定医/日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医・ロコモアドバイスドクター/日本スポーツ協会公認スポーツドクター
伊藤 俊介日本整形外科専門医

 日本骨粗鬆症学会の認定医や、骨粗鬆症マネージャーの資格を有するメディカルスタッフが在籍しており、骨粗鬆症診断・治療に関しては県内でもトップクラスの専門性を有しています。

整形外科の特色

 脊椎や四肢の外傷・スポーツ障害・変性疾患・代謝性疾患(リウマチ、痛風、骨粗鬆症等)などの幅広い分野を治療の対象としています。丁寧な診察を心がけるとともに、MRIやCT検査などの画像検査も駆使し、正しい診断に努めています。
 ご高齢の方や心臓疾患・高血圧・糖尿病などの合併症を有する患者様に対しても、他科と協力しながら手術・保存治療を実践しています。

骨粗鬆症治療

 高齢者の方が転倒した際の骨粗鬆症をベースとした骨折の症例が多くなっています。年間の手術件数は約70件ですが、こうした骨折に対する観血的整復固定術が多くを占めています。ご高齢の患者様には、一度骨折したら二度目は起こさせない「二次骨折予防」の観点に立ち、治療を行っています。
 2012年3月には骨密度測定器(躯幹DXA)を導入しました。これにより、世界基準での骨密度評価が可能となっています。また、骨の代謝に関わる検査(血液検査、甲状腺・副甲状腺ホルモン測定、女性・男性ホルモン測定等)を行い、患者様の状態把握に努めています。これらの検査の他、WHOが提唱する今後10年間の骨折危険性評価ツール(FRAX ® )も用いて、患者様の状態に応じた治療方針を定めています。脆弱性骨折による入院患者様に対しては、多職種連携による治療(骨粗鬆症リエゾンサービス)を実践し、入院中の骨粗鬆症治療を図っています。

スポーツ障害治療

 スポーツ障害肩に関しては、CTやMRI等の画像診断の他、投球動作による痛みの出現を見たり、局所麻酔薬テストを用いた病因箇所の精査を行ったりしています。実際に肩が悪いのか、その他の場所が痛みに影響しているのかなどを見極め、スポーツ復帰の道を患者様と一緒に探っていきます。
 ご高齢の方や内科的合併症を有している患者様には、日常生活動作の改善や歩行能力の維持増進を図るため、手術前からリハビリテーション課とともに機能訓練を行っています。リハビリテーション課や他の診療科と協力し、患者様の機能改善を第一に考えたチーム医療を心がけています。

外来

  • 月曜から金曜日の平日午前が診療時間となります。
  • 受付時間は午前9時から11時までとなっております。
  • 午後は手術のため、対応できない場合があります。
  • 外来患者様や予約のない患者様も同様に診察しますが、お待ちいただく場合があります。