循環器内科

スタッフ

大島茂
院長、循環器専門医
星崎洋
副院長、循環器専門医、心血管インターベンション指導医
内藤滋人
循環器内科第二部長、循環器専門医、不整脈専門医、CRT研修認定医、ICD研修認定医
安達仁
心臓リハビリテーション部長、循環器専門医、糖尿病専門医、リハビリテーション指導士
河口廉
循環器内科第一部長、循環器専門医、腹部ステントグラフト指導医、心血管インターベンション専門医
熊谷浩司
循環器内科第四部長、循環器専門医、不整脈専門医、CRT研修認定医、ICD研修認定医
山下英治
循環器内科第三部長、循環器専門医、総合内科専門医、SHD心エコー図認証医 、日本周術期経食道心エコー認定医
中村紘規
循環器専門医、不整脈専門医、CRT研修認定医、ICD研修認定医、エキシマレーザーリードエクストラクショントレーニング修了
簡伯憲
部長、循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、腹部ステントグラフト指導医
宮石裕介
循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医、腹部ステントグラフト指導医

菅井 義尚    循環器専門医、不整脈専門医

栗原 淳               循環器専門医、総合内科専門医

佐々木健人    循環器専門医、不整脈専門医  

村田 誠     循環器専門医、糖尿病専門医   

南健太郎              救急科専門医循環器専門医、CRT研修認定医

を中心に、シニアレジデント8名(武寛、矢野利明、千賀通晴、元田博之、松尾弥枝、大塚佳満、北川善之、中出泰輔)とレジデント3名(岩松浩一、菅野幸太、白倉毅人)

特色

 当院の循環器内科は、虚血部門、不整脈部門、核医学部門、心臓リハビリテーション部門と4部門で構成され、それぞれがその分野での高度専門治療を行っております。さらに、病棟は、内科外科の区別がなく、循環器内科と心臓血管外科が一体となり、心臓や大血管の病気の最先端医療を行っています。

A.虚血性心疾患

 平成26年12月4日、北関東地域では初めての症例として、心臓血管外科と協力してカテーテルによる大動脈弁の治療(経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR))を行いました。なお、胸部や腹部大動脈瘤に対するカテーテルによるステント内挿術も、年間84例行いました。また、128名の急性心筋梗塞患者の治療をはじめ、約450症例の冠動脈形成術、55症例の下肢の血管内科的治療(末梢血管形成術)も行いました。以上のように、大動脈、冠動脈、末梢血管に対するカテーテル治療を、循環器内科と心臓血管外科と協力して行っております。なお、平成27年8月25日(火)に「ステントグラフト」500例を施行しました。

    ステントグラフト

成人先天性心疾患について(下記のリンクのとおりです。)

http://www.cvc.pref.gunma.jp/?p=2682

B.不整脈

 平成5年から心臓電気生理学的検査と高周波カテーテル・アブレーション(心筋焼灼術)を開始し、現在までにWPW症候群、房室結節回帰性頻拍、心房粗細動、心房頻拍、心室頻拍など、約10,000例の頻脈性不整脈に対して治療をしています。(平成27年1月15日(木)10,000例施行)また、冷凍バルーンに次いで、ホットバルーンによるアブレーションも導入しています。

  また、平成9年から、致死的不整脈(心室頻拍、心室細動)に対しては、植え込み型除細動器の植え込みを開始し、現在までに520例に施行し、心臓再同期療法である両室ペースメーカー植え込みは年間30~40例施行しています。さらに、従来より行っています徐脈性不整脈に対する恒久的ペースメーカー植え込みは、年間約240例行っています。

C.核医学

 主に虚血性心疾患の悲観血的診断法として威力を発揮しています。運動(または薬剤)負荷時に心筋血流イメージング製剤を用いて、狭心症や心筋梗塞の診断や評価を行っています。また、心臓の動きの検査をはじめ、心臓交感神経機能や心筋脂肪酸代謝の評価も可能です。外来で検査が可能で、年間約1,500件の検査を実施しています。

D.心臓リハビリテーション

 →リハビリテーション課