看護部 / 認定看護師会

認定看護師会

 認定看護師には実践・指導・相談の役割があります。日々の看護実践の中で、相手の立場に立った思いやりのあるわかりやすい指導を心掛け、スタッフ教育に携わっています。また、院内の横断的な活動や院内研修にも携わり専門知識をいつでもスタッフへ提供できるように活動しています。

認定看護師資格取得に関して

 認定看護師を取得するにあたり、日本看護協会の定める特定看護分野の実務研修内容基準をクリアし、看護部長の推薦、病院の推薦を得られた場合、教育機関の受講が認可されます。教育機関を合格後は、出張扱いとなり、さらに学費(入学金・授業料等)の2分の1は病院負担で援助してもらえます。教育課程を終え、日本看護協会の認定審査に合格後、認定看護師として認定されます。

当院での認定看護師になるまでの道のり

当院での認定看護師になるまでの道のり

認定看護師の紹介

集中ケア認定看護師

photo photo photo oohai

 集中治療室(ICU)に入室される患者さんは、生命の危機状態にある方や、心臓血管外科手術後など大手術を受けた直後の方です。刻々と変化する病態のアセスメントを行い、医師の指示を待つだけでなく、看護師自らも考え判断し、医師や他職種へ相談や提言を行っています。

手術看護認定看護師
photo
 手術看護認定看護師として活動を実施し、7年目になります。「手術を受ける患者さまとご家族に対し安全な医療を提供し、安心して手術が受けられるように援助する。」ことを目標に活動を行っています。また、スタッフに対しては手術看護を好きになってもらえるように、教育・指導に携わっています。
感染管理認定看護師
photo
 現在、医療安全管理室にて専従で感染対策業務を行っています。
 当センターの高度な専門分野の治療や看護を継続して提供するためには、患者様や全ての職員にとってより安全な環境づくりを推進することが大切です。
 不利益な医療関連感染を防止するため、全ての方のご理解とご協力を得ながら組織横断的な活動を行っています。
皮膚・排泄ケア認定看護師
photo
 スキンケアや排泄ケアは日常的に行われるものであり、欠くことのできない看護の基本的な部分であると私は考えています。
 この基本的な部分において専門的な知識と技術を持って看護を提供し、患者さんによりよい生活を過ごしていけるよう日々努めております。また、現在は褥瘡管理者として、褥瘡対策チーム、各部署の褥瘡対策委員と協力を取りながら、病院内の褥瘡予防・ケアを行っております。