栄養調理課

 食事は治療の一環として、健康の回復に重要な役割を果たしています。適切な栄養管理と安全でおいしい食事が提供できるよう、個々人の病状に応じたきめ細やかな対応ができるよう、職員一同励んでおります。
 医師、看護師、薬剤師、管理栄養士など多職種による栄養サポートチーム(NST)を平成22年度から発足させ、栄養サポートを行っています。また、管理栄養士が、食事療法を必要とする方に栄養・食事の相談を行っています。

食事サービス

 医師の指示のもと、入院された方の病気の種類や症状に適した食事を提供しています。
 食事の種類は、常食、分粥食、流動食のほか、減塩食、糖尿病食、糖尿病性腎症食、腎臓食、透析食ネフローゼ食、肝臓食、膵炎食、低残渣食、胃潰瘍食、消化器術後食、嚥下食などがあります。
 配膳は温冷配膳車を使用し、料理に合った温度での提供に努めています。

【食事の時間】

朝食 8:00 / 昼食 12:00 / 夕食 18:00

【食事の特色】

  • ◆心臓血管専門病院として、1日の塩分量を8g程度に、減塩治療の必要な方には6g未満に調整しています。
  • ◆新鮮な食材、旬の食材を選び、薄味でおいしく食べて頂くように、専門スタッフが調理しています。
  • ◆野菜を使った料理を多くし、一般的な家庭料理のメニューを心がけています。
  • ◆季節や行事にあった献立内容で、食事に変化をつけ提供しています。
  • ◆常食を召し上がっている患者さまには、週3回の選択食を実施しています。
  • ◆温かいものは温かく、冷たいものは冷たく食べて頂くために、温冷配膳車を使用しています。
  • ◆可能な限り個々の状態に配慮した個別対応を行っています。

【減塩食】

うす味でもおいしい工夫をしています。

photo

★かぶのトマトソース煮

 薄味でおいしい工夫
 ・トマトの酸味とウインナーの塩味でいただきます。
(詳しいレシピ)

photo

★白身魚の風味揚げ

 薄味でおいしい工夫
 ・天ぷらの衣に青のりを使って風味を引き出しています。
 ・レモンの絞り汁をかけていただきます。
(詳しいレシピ)

【行事食】

  • 年間、13種類の行事食を提供し、行事食の由来などを記入したメッセージカードを添えています。
  • ◆こどもの日(柏餅、魚の塩焼き)
  • ◆土用の丑の日(うなぎの蒲焼き)
  • ◆お盆(おはぎ、うどん、かき揚げ)
  • ◆敬老の日(お赤飯)
  • ◆秋の味覚(栗ご飯、秋刀魚の塩焼き)
  • ◆文化の日(ちらし寿司、紅葉麩吸物)
  • ◆クリスマス(鶏肉料理、ケーキ)
  • ◆年越しそば(そば、かき揚げ)
  • ◆お正月(祝い膳)
  • ◆節分(いわし、けんちん汁、福豆)
  • ◆ひな祭り(ちらし寿司、はまぐりのお吸物)

栄養食事指導

【入院・外来栄養食事指導(個別)】

 入院・外来・心臓リハビリテーションの患者さんの症状にあった相談を、担当医師の指示を受けて行っています。
 食事相談は、パンフレット、フードモデルなどを利用して、自己管理できるよう、わかりやすい説明を心がけています。
 食事について知りたいことがある方は、担当医師を通じてお申し込みください。(予約制です)

photo
栄養指導室
photo
フードモデル・体脂肪計付ヘルスメーター

【減塩教室(集団)】

 毎月1回、減塩が必要な疾患ある方を対象に「減塩教室」を実施しています。うす味の味噌汁の試食や醤油の塩分など身近な材料を使った、体験して覚える教室です。 ご希望の方は、担当医師を通じてお申し込みください。

photophoto

そのほかの取り組み

ドック食(夕食)冬献立例

  • 人間ドックでの食事提供
  • ヘルスアップ教室での集団栄養指導
  • 糖尿病教室での集団栄養指導
  • 特定保健指導での個別栄養相談