• HOME
  • お知らせ
  • 【施設認定】当院がASD施行施設・PDA施行施設に認定されました

News & Topics

【施設認定】当院がASD施行施設・PDA施行施設に認定されました
【2019年05月27日】

経皮的心房中隔欠損閉鎖術施行施設・経皮的動脈管開存閉鎖術施行施設に認定されました

 

心房中隔欠損(ASD)ならびに動脈管開存症(PDA)は頻度の高い先天性心疾患であり、通常は小児期に治療されることが多いです。しかしながら成人期に発見されることも多く、心不全や不整脈の原因になることが知られています。近年心房中隔欠損ならびに動脈管開存のカテーテル治療が普及してきており、開胸せずに施行でき患者様の負担が軽減されることから、群馬県内でも成人ASD/PDA患者のカテーテル治療が施行可能な施設が望まれていました。 2019年より小児循環器領域のカテーテル治療の学会であるJPICと成人循環器領域のカテーテル治療の学会であるCVITにおいて経皮的ASD閉鎖術施行施設・経皮的PDA閉鎖術施行施設に認定されました。 (http://www.jpic-meeting.org/cathe/asd/inst2018.shtml) (http://www.jpic-meeting.org/cathe/pda/inst2018.shtml

ASDに対しては、Amplatzer Septal Occluder(ASO)およびFigulla Flex-Ⅱ(FF-Ⅱ)の2種類の閉鎖栓を、PDAに対してはAmplatzer Duct Occluderを用いて手術を施行、現在全例合併症なく手術成功しております。問題がなければ入院期間は3泊4日です。 今後も安全に、かつ患者様の負担の軽い手術・治療に取り組んでいきます。

 

◆経皮的心房中隔欠損閉鎖術(ASD)施行施設認定証 

◆経皮的動脈管閉鎖術(PDA)施行施設認定証

 

ASD・PDA画像

 

 【成人先天性心疾患外来についてはこちらをご覧ください】