• HOME
  • お知らせ
  • 将来の心筋梗塞・脳梗塞の発症リスクを評価する「ロックスインデックス(LOX-index)検査」をはじめました。

News & Topics

将来の心筋梗塞・脳梗塞の発症リスクを評価する「ロックスインデックス(LOX-index)検査」をはじめました。
【2016年05月11日】

 

 平成28年度から、人間ドックのオプション検査として、新たに、ロックスインデックス(LOX-index)検査を始めました。

 

○このような方におすすめです。  

 血縁家族に心筋梗塞・脳梗塞にかかった人がいらっしゃる方  

 高血圧、脂質異常症、糖尿病にかかっており、動脈硬化が気になる方  

 40歳以上の方

 

○検査概要  

 ロックスインデックスは血液中の成分(酸化変性LDLとsLOX-1)を測定することで、血管が痛む危険性を調べ、将来の心筋梗塞・脳梗塞の発症リスクを評価する血液検査です。

 

○検査の特徴

 1)ロックスインデックスは、動脈硬化の初期段階をとらえることができます。   

     ※頸動脈エコー等では、ある程度進行した動脈硬化でないと確認できません。  

 2)少量の血液(2ml)で検査が可能です。  

 3)動脈硬化の早期発見により、脳梗塞・心筋梗塞等になる前段階で、生活習慣修正

         などの予防介入をお受けいただくきっかけとなります。
  

  ※当院では、循環器疾患に詳しく、特定保健指導にも特化した専門の保健師が常駐

   しております。気になること、お困りのことは、ドック受診の際に、何でもご相

   談ください。
   
 

 

○ロックスインデックス検査料  

 12,960円(税込)